BLOG

Monkeyからのお知らせ・コラム

猿家物語

モンキー「90K」について

・90K(キューマル ケイ)
~トップチューブ ヘッドチューブ側曲げ 通常2本シートステイデザイン~

モンキーの顔とも呼べる基本的なフレームデザインが「88D」から発展した「90K」でした。
コードネーム通り、90年代初頭から後半にかけて、ケーススタディを含めると最も多くのバリエーションを生み出したモデルと言えます。

その後は「98S」という新しいデザインに発展したため、「90K」は身長170センチ以上のライダーにおすすめのモデルとなりました。
特に、175〜180センチ前後のライダーに最も適したフレームサイズとなっています。メーカー車や企画フレームよりもモンキーバイクらしく、日本の里山でのコンパクトな乗りやすさを大柄なライダーにも提供できる個性的なフレームデザインが「90K」と言えるでしょう。

そのため、2000年以降の「90K」は、チェーンステイの強化とシートステイの曲げによる適度な柔らかさをバックフォークに持たせる設定を基本とし、標準化しています。